脱毛する際のポイント

トップ > 脱毛する際のポイント

脱毛の際の注意点

当院の脱毛をより安全性に、安心して施術を受けていただくために、注意していただきたい点がいくつかあります。

毛周期で休止期にあたる毛は脱毛できない

発毛には、「成長期→退行期→休止期」という周期があり、それぞれの毛がバラバラのサイクルで生え変わっています。皮膚表面に出ている毛は全体の約3分の1。全部の毛が生え揃うまでには約1年半かかります。ですから完全に脱毛したい場合は、ある程度の時間が必要になるのです。

日焼けはNG

レーザーはメラニン色素に反応するため、日焼けしている場合はお肌のメラニンにも反応してしまい、火傷してしまう場合もあります。また、脱毛直後はお肌が熱を持っているため赤みをおびています。そのままのお肌で日焼けするとしみなどの原因となり、今後の施術に影響します。脱毛施術前後の日焼けには注意しましょう。

妊娠中は脱毛を控えましょう

レーザー脱毛は副作用がなく安全なものですが、妊娠中は避けることをおすすめします。妊娠中は、ホルモンのバランスがくずれて毛周期なども乱れるので、脱毛しても効果が得られにくいのです。もし脱毛中に妊娠した場合は、出産後に再開するようにしましょう。

未成年は保護者の承諾書が必須

未成年の方でも施術は受けられますが、保護者の方の承諾書が必須になります。また、中高生はまだ体が成長過程にあるため、レーザー脱毛で毛根を破壊しても、新しい毛母が生成されるケースがあります。成長期を終える18歳前後から受けられることをおすすめします。

色素沈着していて受けられないこともある

長年自己処理をしていると、色素沈着してしまう場合があります。多少の沈着なら問題なく施術が受けられますが、大幅に沈着していると施術が受けられなくなることもあるので、その場合はレーザーで黒ずみを取り除いてからの施術となります。

健康保険が適用されない

レーザー脱毛は美容を目的とした医療なので、全額自己負担になります。健康保険はききませんのでご注意ください。

美容外科 KOSHO CLINICでは、患者様が抱えるどんな小さな不安やお悩みでも、豊富な知識と経験、そして確かな技術を持った担当者がお応えします。また、当院では女性の看護師が施術し、冷却装置を完備しておりますので、気持ちもお肌のことも安心いただけると思います。「脱毛がしたいけどちょっと勇気がない……」と思っている方も、お気軽にご相談ください。

※料金は全て税別価格となます。

脱毛の料金はこちら