エステと医療のレーザー脱毛の違い

トップ > エステと医療のレーザー脱毛の違い

エステと医療のレーザー脱毛 徹底比較

脱毛をお考えの際、施術方法はレーザー電気針ワックスなどさまざまな選択が可能です。また施術場所もエステサロンをはじめ、美容外科などの医療機関でも受けられ、現在多くの女性が気軽にムダ毛処理として脱毛施術を受けています。しかし、「エステに行くべきか、医療機関に行くべきなのか迷う……」「実際、レーザーと針、どっちがいいの?」と、迷っている方は多くいらっしゃいます。

そこで、こちらでは“レーザーと電気針”“エステサロンと医療機関”比較して、それぞれの特徴をご説明します。ぜひ参考にしていただき、ご自分に合った方法を見つけてください。

レーザーと電気針、どう違うの?
  痛み 費用 施術時間 施術期間 部位 注意点
レーザー 輪ゴムで弾かれた程度 短期間なため安い 1秒で直径
12~18mm
照射可能
短期間 全身可能 施術前に自己処理できる
電気針 個人差はあるがかなり痛い 長期間なため費用がかかる 2~3秒で
毛1本を
処理
通常1年
以上
顔などは
無理
処理前に
毛を伸ば
しておく
必要がある
エステサロンと医療機関(美容外科)、どう違うの?
  費用 施術時間 安全性 トラブルが
生じた場合
エステサロン 長期間なため費用がかかる 機器の効果が弱いため長い 火傷をする場合がある 化粧品などで対応
医療機関 短期間なため安い 高性能の機器を使用するため短時間で終了 厚生省などで許可された医療機器を使用 医師の判断のもと、適切な対応をする

安心できる医療機関

本来、レーザーや電気針を使用しての施術は、医療行為にあたります。また、レーザー脱毛には豊富な経験が求められるのはもちろん、優れた技術力と専門的な知識が必要になります。厚生労働省の見解では、医療機関以外で行った場合は「違法」とされています。正規の資格をもたずに、施術にあたるなど、後に様々なトラブルに発展するケースもありますので、正しい知識・高い技術力・豊富な経験を持った、信頼できる医療機関で受けることをおすすめします。

当院の医療脱毛の特徴

当院では、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品局)から、医療用脱毛機として2003年に認可を受けた、キャンデラ社の「ジェントルレース」という機器を使用しています。

従来の脱毛機器とは違い、スポットサイズがとても大きく、乱反射による光エネルギーのロスを少なくできます。これにより、より広範囲で深部にまで光エネルギーが到達できるため、効率的に処理できるようになりました。

当院では女性の看護師が施術するため、安心して受けられ、また冷却装置も完備しているのでお肌に優しく、ツルツルで綺麗な仕上がりが手に入ります。また、針脱毛よりも痛みは少なく、施術のために毛を伸ばす必要もありませんので、気軽に受けていただけます。

当院では患者様に安心して施術を受けていただけるよう、脱毛機器としてきちんと許可を受けた機器を使用し、安心・安全な施術をお約束します。以前にトラブルなどで脱毛を一度断念された方でも、ぜひお気軽にご相談ください。

脱毛する際のポイント

脱毛する部位